相続対策は、現状の把握からスタートです。


1.財産や債務の調査


 まずは、財産や債務の洗い出しから、一覧表を作成してみましょう。
 この時、境界がハッキリしていない土地があるとか、事情があって未登記のままの不動産があるとか、スッキリしていないものはありませんか。問題に気づいたら次の代へ先延ばしすることなく、解決できるものは対応しておきましょう。これも大切な相続対策です。


2. 相続税試算


 ご本人が考えている遺産分割の案に基づいて、相続税を試算してみましょう。
 これで、大体の税金の目安がわかります。誰が相続するか、誰が利用するかで相続税負担は変ります。小規模宅地の評価減の適用があるかどうか必ず確認しましょう。また、今回の相続だけではなく、二次相続(配偶者の相続)の相続税試算も検討しましょう。二次相続を含めて試算することで、次の代へ移行できる財産の内容がわかります。


3.相続後はどうなる


 
 次は、相続後はどうなるかを考えてみましょう。
 遺産分割後、奥さんの相続後の生活に不安はありませんか、生活費や介護費など必要なお金は手当てできていますか、子供たちで円満な遺産分割が出来ますか、事業承継は可能でしょうか、相続税がかかる場合、納税資金は確保されていますか。
 大事なことは、ご本人の意思が反映されていること、そして相続人の方が安心して暮らせること、実現できるか考えてみましょう。


4.対策の検討


 ここから、目的に合った具体的な対策を検討します。
 相続税負担を減らすため、円満な遺産分割のため、相続後を含めた資産運用のため、目的に合った対策を検討します。




5.実行と効果検証


 次は相続対策の実行です。計画だけではなく実行することが肝心です。実行後の効果についても必ず検証しましょう。









              相続税試算
このページの先頭へ

ナビゲーション

バナースペース

後藤教子税理士事務所

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-30
  サンロードプラザダイアパレス吉祥寺903
   (コピス吉祥寺B館隣り)

TEL 0422-29-7012