■ 相続税の申告・納付の期限は、亡くなられた日から10か月以内です


 相続税申告業務は、戸籍謄本など多くの必要書類の準備や財産や債務の確認をスタートに、財産評価や相続税額試算、遺産分割を決定し遺産分割協議書を作成、そして相続税の申告や納税を行います。これらのことを申告や納税の期限である亡くなられた日の翌日からから10か月以内に行わなければなりません。
 相続税申告業務はボリュームが多く、想像以上に時間を要するのが現状です。早い時期に着手することそして計画的に進めることが肝心です。

適切な判断をしていただくためには

 

 相続税の金額は、遺産を誰が取得するか取得後どのように利用するかにより、増加したり減少したりします。税負担を減らすためにも、分割協議を決定する前に相続税の試算を行うことをお勧めします。
 また、相続手続きを進めて行くうえで、今回の相続税の負担だけではなく、相続後のご家族の生活設計や二次相続(配偶者の方の相続)なども考慮していく必要があります。適切な判断をしていただくために、必要に応じて二次相続の相続税試算などを行います。


■ 重要なのは、やはり遺産分割!

 

 相続手続きが滞る原因の多くは、遺産分割の話し合いがこじれることにあります。遺言が残されている場合、その内容で分割は進みますが、遺言が残されていない場合、相続人間で話し合い遺産分割を決めなければなりません
 相続人間でおおよその共通認識がある場合、分割は順調に進みます。しかし、お子さんや兄弟姉妹が複数でそれぞれの主張が隔たりがある場合など、遺産分割の調整に時間が要することがあります。



  

  相続の手順   
このページの先頭へ

ナビゲーション

バナースペース

後藤教子税理士事務所

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-30
  サンロードプラザダイアパレス吉祥寺903
   (コピス吉祥寺B館隣り)

TEL 0422-29-7012